即日融資で事業資金を借りる

個人で事業を始めたかたや、現在一人で事業を続けているかたが事業資金を借りたいとき、日本政策金融公庫や銀行で事業資金を借りる方法があります。
これらで融資が受けられれば安い金利でお金を借りられますが、、多くの提出書類を要しなければなりませんし、即日融資審査に時間がかかることや、追加融資を受けたいときは、あらためて申込から始めなくてはなりません。
「キャッシングの事業者ローンを申込む」
銀行へ事業資金として融資を申込んでも、事業を始めたばかりのときは、実績が出ていないことや、事業主の年収がわかりにくいことから融資を受けることは難しいと言われています。
事業資金が豊富にあれば問題ありませんが、得意先の倒産や資金回収が思ったようにできない場合があり、銀行や公的資金の申込をしても間に合いません。
そんなときに事業資金を用意する方法としてキャッシングの「事業者ローン」があります。
「事業者ローン」は一般のフリーロンよりも低金利で利用できることや、審査にとおれば100万円から1,000万円までといった高額融資も可能で、事業資金以外に何に使ってもよく、契約できれば融資限度額の範囲内なら追加申込をしなくてもいつでも何度できます
「事業者ローン」は即日融資も可能なキャッシング会社もあり、何らかの事情で予定していた資金回収がおくれそうなときでも余裕を持って融資が受けられる商品です。
「個人で申込んで事業に使う」
「事業者ローン」を申込むときは本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)のいずれかひとつと収入証明書類として源泉徴収票や納税証明書、確定申告書などが必要になります。
その他、申込先で追加資料の提出を求められる場合があります。
「事業者ローン」は消費者金融でも申込ができ、総量規制の「例外」にあたるローンなので、審査に通れば収入に関係なく低金利で利用でき、高額融資も可能で審査も早く、最短即日融資も可能なので予定していた入金が遅れ、支払いが近づいているときでも安心して利用できます。
申込方法は店舗窓口や電話で申込む方法や一般申込と同じようにインターネットから申込む方法もあります。
インターネットを利用して申し込む方法は店舗の窓口へ出かける必要もなく、仕事の合間や自宅に帰ってからでも24時間どこからでも申込ができる便利な申込方法です。
申込をするとすぐに審査がおこなわれ、短時間で契約ができるので、キャッシング会社で決められている契約完了までの時間内に終われば、その日に申込みをしてその日に借りられる場合もあります。
事業を続けていると、資金回収が遅れるということもよくあります。
そういった時のためを考えて、前もって申込をしてみてはどうでしょうか。


日本大使館でお金を借りる

近年は海外旅行の費用も安くなったことから海外旅行も一般的になり、夏休みや冬休みを利用して、多くのかたが海外旅行へ出かけていきますが、日本と違って治安が悪いところもあるので、そういった先へ出かけるときは注意が必要です。

たとえば、財布ごとスラれたとかカバンごと盗難にあってしまい、日本に帰れない状態になったということもよくある話です。

そんなときは現地の日本大使館でお金を借りることができます。

海外でトラブルにあうというかたも非常に多いため、こういった場合は大使館でお金が借りられます。

ただ、すぐにお金を借りることが出来るわけではありません。

大使館へ行き、身内などに連絡をとり金銭的な援助をしてもらうようにしますが、それができない場合は、要件が満たされてればお金が借りられます。

大使館へ行き、相談をすれば対応してくれるので、取りあえず、海外で困ったら相談することをおすすめします。

現地の大使館を調べるにはインターネット上にはこれらの情報が数多くあるので、いつでも調べられます。

これらの情報は普通ではなかなか見ることはありませんが、実際に大使館で相談されたかたの情報などをのせているサイトも多いので、どのようなところなのかを知ることができます。借りたお金は大使館へ持っていくのではなく、帰国後に返すことになります。

借りたお金の返済をしなければパスポートの発行がされず、今後は海外旅行にも行けなくなるので必ず返ってきたときは返済を済ませましょう。

関連記事